八重山諸島放浪記

波照間島3 最南端特集&三線にゾッコンな夜

昨日とは打って変わって酷い天気だ。

横殴りの風、波高し、そして寒い。

昨日の感動の浜へ朝飯を持って行って食ったんだけど、寒いし風強いわでとてもゆっくり食えたもんじゃなかった。

IMGP7488.jpg

なので今日はアウトドア的な事は諦めて、企画を切り替えた。

「日本最南端なやつらを撮る」だ。
波照間島はなんだって日本最南端になっちゃうのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずはこれ、最南端の南ちゃん。

IMGP7491.jpg

おそらく「最南端」とか「南十字星」とかけていると思われるが、かなりシュールだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、最南端の交番。

IMGP7493.jpg

とても分かりやすい日本地図の絵が書いてある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちら最南端のウォーキングコース。

IMGP7494.jpg

ぴったり1km、これは便利と書いてあるが800mの前に約と書いてある。ぴったりではないね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最南端の怪奇現象。

IMGP7498.jpg

腕の伸びっぷりがはんぱない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最南端のガススタ。

IMGP7505.jpg

八重山諸島にはエネオスしかない。独占状態。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最南端のマンホール。

IMGP7506.jpg

こういう細かいところはがんばっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最南端のバスケットゴール。

IMGP7509.jpg

完全木造の工芸品のようなゴールだ。
手を伸ばせばダンクできる。上余ってるからもっと上げれば良かったのに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最南端の雨人(あめんちゅ)。

IMGP7522.jpg

雨男も職人の域に到達した男の最南端の岬の姿。
最近は雨だけじゃなく、霧、風、寒波も操る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

撮影もつらくなってきたので石垣島に帰る事にした。

昨日の氷川君と三平師匠も同じ便だったから一緒に乗った。


なんとか僕らの船は出港したが、その後の便は欠航になたようだ。

いつもなら自分の便から欠航というのがよくあるパターンだからまだいいほうか。

しかし、欠航直前便だけに揺れは半端なかった。

一回フワッて浮かんだかと思えばドカンと着水したりして。

勢いで乗客のおばあが椅子から転げ落ちていたほどだ。


地獄の1時間の航海を終え、二人とはまた今夜も飲む約束をした。

IMGP0201.jpg

上は飲んだ時の一コマ。

いい年した三平師匠が生まれて始めてタバコを吸うという事で記念撮影。

完全に学生時代のノリだ。


その後、氷川君の提案で二次会は三線歌謡ショーに行く事に。

もはや温泉街に遊びにきたかのようなはしゃぎっぷり。

IMGP0206.jpg

氷川君はしゃいでるねえ。

IMGP0208.jpg

氷川君、、、

IMGP0209.jpg

氷川君完全に顔がイッちゃってます。

しかしこの三線ショーがまた相当に楽しかった。

僕は完全に三線の魅力に取り付かれてしまった。

何度かノリのいい曲になると誰からともなく沖縄的な踊りを踊りだす。

もちろん我々波照間変態三人組も一緒になって息が切れるほど踊った。

地元のおっちゃんなんかは鼻からティッシュ出した状態でウロウロしてる。

IMGP0212.jpg

沖縄のもつ明るさが溢れた一夜だった。

やっぱり明るく行かなきゃね。何事も。



記事が気に入ったら
股旅ベースを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

MATATABI BASE

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. アラスカ珍道中

    アラスカ珍道中 プロローグ
  2. 白馬三山〜唐松岳/長野

    白馬男塾1・大雪渓直登編〜ギリギリボーイズの挑戦〜
  3. 屋久島横断野郎/鹿児島

    屋久島横断野郎〜プロローグ〜
  4. 御池岳/滋賀

    デキる男のビジネス新書〜必殺仕事人のスマートな一日〜
  5. 唐松岳/長野

    世紀末救世主伝説1〜唐松リベンジへの道〜
PAGE TOP