北海道中膝栗毛

北海道中膝栗毛8

8月15日4時起床、空雲天。

DSC03952.jpg

車を和琴半島湖畔キャンプ場の駐車場に置き、カヌー道具一式担いで出発地点へ移動。

6時頃出発。

DSC03956.jpg


今回はいきなり釧路川に入らず、大回りだが和琴半島を1周してから釧路川に入るのだ。
理由はひとつ、半島の先端にカヌーでしか行けないというオヤコツ温泉があるからだ。

果たして40分ほど行くと、まさに崖の下が硫黄で黄色になって湯気をもくもく出してる場所を発見。

DSC03970.jpg

さっそく上陸し、誰もいないので即座に素っ裸になり喜び勇んで足を入れた所がなんと温泉の吹き出し口だった。

右足を火傷し、その場で一人素っ裸でのたうち回る様は遠目で見れば変態である。

DSC03977.jpg

湖水と温泉が同じ高さで混じり合い、雄大な屈斜路湖の水面と同じ目線で入る温泉はかなりのワイルドさをかもし出していた。

そんな荒々しい俺様を写真におさめるべく、セルフタイマーを背後にセットし、全裸で湖に向かって両腕ガッツポーズをきめシャッター音を待っていたらなんと岩陰から2艇のカヌー(一人は女性)が突然登場。
慌てて腕をおろした時の写真が下の写真だ。

DSC03985.jpg

俺も驚いたが向こうもかなりびっくりしただろう。

トンネルを抜けたら雪国だったならロマンチックだが、崖を越えたら全裸のガッツポーズ男では実にしまらない。
イソイソとパンツを履き、再出発。

やがて風が吹き始め、波が高くなってきて、挙げ句突然の大スコール。
雨が湖面に当たって跳ね返る飛沫が顔に当たる程の勢いだ。

DSC03994.jpg

そんな過酷な状況の中広い湖を漂う様は、キャストアウェイのトムハンクスのようだったと後の人は語るだろう。



記事が気に入ったら
股旅ベースを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

MATATABI BASE

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ◉日々のツレヅレ

    庭男あおによし〜三連休の残像〜
  2. カンムギプロジェクト

    カンムギプロジェクトについて〜川遊びの聖地を作る〜
  3. 上八川川/高知

    四国清流行脚1・上八川川編〜浮かれた漂流者〜
  4. 唐松岳/長野

    世紀末救世主伝説1〜唐松リベンジへの道〜
  5. 富士山/静岡

    富士6苦フェス1〜マゾストーリーは突然に〜
PAGE TOP