富士山/静岡

生還報告

IMGP1041.jpg

この写真の男について説明しよう。

これは彼が「9月富士山弾丸ご来光登山」から無事に下山した直後に激写されたものだ。
まだ息はある。

彼は数時間前「今までの旅の中でも、かなり楽しい体験だ。富士山は素晴らしい。」と語っていた。
しかし、この写真の時点では「もう二度と富士山には登らないだろう」と虫の息で語り、彼は岐阜へと帰っていった。


この写真撮影時の彼が抱えていた諸症状は以下の通り。

1、悪化した左足首の捻挫。
2、まめ&靴擦れのコラボレーション。
3、立っているのも困難な両膝の痛み。
4、ヘルニア5秒前の激しい腰痛。
5、ボルダリングで破壊した腕の筋肉と剥けた指の皮。
6、不眠不休30時間目を迎えた、全身疲労。

以上6項目の苦痛を身にまとった男が放つマゾの祭典「富士6苦(ロック)フェスティバル」。

次回から、記憶が残っている部分は書き留めていこう。

今日の所は、不眠不休もいよいよ40時間を超えてしまったのでおとなしく寝ます。

おやすみなさい。

おつかれまさでした。



記事が気に入ったら
股旅ベースを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

MATATABI BASE

関連記事

コメント

    • 小林
    • 2011年 9月 12日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    無事の帰還、お疲れさまでした。

    コメントを書いたりしたもんだから、週末はなんだか空模様が気になって仕方ありませんでした。

    天候は最高だったのではないですか。
    しかもSな山にコテンパンにやられたようでそれもまた最高。

    レポートを楽しみにしております。

    • yukon780
    • 2011年 9月 12日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様でございました。
    天候まで気にしていただいて恐縮ですが、僕の場合天気予報はあまり当てにはなりません。
    でも天気は最高でした。
    これで体調も良ければ完璧な富士登山が出来たと思っています。
    でもさすがの富士山でした。
    しっかりマゾ心を満足させてもらいました。
    またちまちまと記事を書いて行きますんで、お暇つぶしに読んだって下さい。
    ちなみにMTB担いで登ってる奴らがいました。
    一瞬小林さんかと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. ◉ りんころ成長記

    神々の理想郷〜デスゾーンの彼方に〜
  2. 小太郎山/山梨

    小太郎男塾〜歩荷鬼六と不愉快な仲間達〜
  3. ユーコン川漂流記

    ユーコン川漂流記〜予告編〜
  4. 前穂〜奥穂〜涸沢/長野

    紅葉挟撃作戦1〜岳沢編・快晴奉還への道〜
  5. 白馬三山〜唐松岳/長野

    白馬男塾1・大雪渓直登編〜ギリギリボーイズの挑戦〜
PAGE TOP