◉日々のツレヅレ

冒険したいお年頃

IMGP9419.jpg

今回から始まった「桃旅」シリーズ。

なにやら桃鉄みたいな名前だが、正式には「隠された桃源郷を探す旅」だ。

これは、随分前からたまに僕が行うとても行き当たりばったりな旅。
観光地でもなんでもない山の中とかの「なんとなく良さげ」な場所に車を停めて、徒歩かMTBで探検。
どこかにあるんじゃないかと期待する、誰にも知られていない最高の場所(桃源郷)を探す旅だ。

岡崎に住んでた頃は随分この桃旅をしたが、これといった桃源郷はなかった。
でもせっかく岐阜に住むようになったから、時間があるときは久しぶりに探してみようと思う。

まあいつも見つからずに疲れて終わるんだけど。


僕の定義する究極の桃源郷は以下の通り。

1.半端なく奇麗な川で川原があること。鮎が泳いでれば尚良い。
2.できれば車で降りれること。
3.CMで出てきそうな草原もよろしい。
4.基本人がいないこと。あまり人に知られていないこと。
5.行きたい時にちょいと行ける場所がベスト。

こんな5か条をクリア出来る場所はそうはない。
アラスカや北海道ならあるかもしれないが、不毛な行為と分かっていながらもかすかな期待が僕を動かしてしまう。

現時点でのNo.1は、和歌山県の熊野川支流のとある川の川原。
1,2,4の3か条を満たしていて、遠いけど現時点で最高の桃源郷だ。↓下の写真

1561527_1000598945_73large.jpg

記念すべき第1回目の桃旅は、根尾川支流根尾東谷川の遡上を試みた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんにもない所に車を停めて、いざMTBで川沿いを遡上。何か面白い発見があると良いが。

IMGP9385.jpg

走らせていて、畑を見てビクッとした。

IMGP9386.jpg

急にこういうことされると驚くからやめてください。
この奥にはなぜか虎も乗っていた。
こんな感じの田舎ならではのシュールさは好きです。


やがて突然場違いな程デカイ鳥居が出て来た。
誰も来そうにないのに随分立派なもんを作ったもんだ。

IMGP9388.jpg


どんどん山の中に入って行き、ホタルの道とやらがでてきた。

IMGP9394.jpg

いずれりんたろくんでも連れてくるかな。


ここからはかなりヘビーな急激なヒルクライムの始まり。

IMGP9395.jpg

こういった試練の先に桃源郷はあるんだ。多分。


やがてどでかいダムが出て来た。

IMGP9396.jpg

石垣で出来ているから万里の長城みたい。
でも基本ダムは大嫌いなのでスルー。


ダムを越えて行くと、いよいよこの川の源流部が近い感じになって来た。

IMGP9404.jpg

この荒涼とした感じ、アラスカチックで良い感じだ。


どんどん川の遡上を続ける。
道は細くなり、未舗装路の始まりにはこんな看板が。

IMGP9405.jpg

桃源郷の匂いがしてきましたね。


立ち入り禁止の柵を乗り越え(真似しちゃだめよ)、素敵なオフロードが続く。

IMGP9410.jpg

かなり奥までいった時、1台の車が止まっているのを発見。
立ち入り禁止の場所なだけにこれ以上の深入りは無理だった。無念。


来た道をダウンヒルで下って、暑いから途中にあった淵で泳いでみた。

IMGP9411.jpg

誰もいないから男らしくワイルドに素っ裸で荒々しく突入すると、水は信じられない程の冷たさ。
死ぬかと思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結局桃源郷を見つけられなかったので本流の根尾川上流部へ移動。
すると、とんでもない水の美しさだ。

IMGP9415.jpg

泳ぐには最高な場所だが、やっぱり人里近くて鮎釣り師が独占していたので残念だが却下。
やっぱ本流で桃源郷探しは厳しいもんがある。


さらに移動してとんでもない鉄橋を越えてゆく。

IMGP9422.jpg

IMGP9427.jpg

でも結局何もなかった。

まあいつもどおりの桃旅。そう簡単に桃源郷は見つからないね。
でもいい歳こいてこんな少年のような冒険ができるのもいいものだ。
少年の頃のこういった旅は、大人になってからのユーコン旅を遥かに凌ぐドキドキに満ちていた。
情報が溢れている時代だからこそ、こんな訳分からん所でする不毛な宝探しもアリですな。

さあ、次回の桃旅はどこに行こうかな?



記事が気に入ったら
股旅ベースを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

MATATABI BASE

関連記事

  1. ◉日々のツレヅレ

    PEAKSチラリズム〜階段落ちても原稿落とすな!の巻〜

    やっぱなかなか更新できないねー。10月の秋吉久美子ラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




カテゴリー

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 五色ヶ原〜黒部ダム/富山

    五色ヶ原秘境おなべ隊 前編〜いざ浪漫秘境へ〜
  2. 京都一周トレイル/京都

    京都一周トレイルラン〜東山コース前編〜
  3. 上八川川/高知

    四国清流行脚1・上八川川編〜浮かれた漂流者〜
  4. 富士山/静岡

    富士6苦フェス1〜マゾストーリーは突然に〜
  5. 唐松岳/長野

    世紀末救世主伝説1〜唐松リベンジへの道〜
PAGE TOP